スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院の話

それでは、そろそろ、グッズ売り場に飛び込んできます。
彼は、おととし、私が入院していた精神科専門の病院に同時期に入院していたのです。
小柄で、黒ぶちの眼鏡をかけていて、よく、喫煙室で煙草を吸っていたのです。
私は、一目で彼に好意を感じた。理由はうまく言えない。ただ、私の心の琴線に触れたのです。
ある日、彼が、iPodを持っていたので、思い切って話しかけてみたのです。
彼は、静かな声の持ち主だった。その時には、私は彼が副業してから何の病気で入院しているのかを、知らなかったのです。
私は早く退院したかったが、副業を優先して彼と別れてしまうのはさみしいと思っていたのです。
そのうち、彼は、違う病棟へ移ってしまったのです。
私の病棟は、自由に外に出られない閉鎖病棟だったので、彼の顔を見られるのは、運動療法と、ヨガの
日に限られてしまったのです。
「OT」と呼ばれるそれらの日は、まず、専用の部屋に参加する患者が集まり、お茶やコーヒーを
飲んでから、始まるようになっていたのです。
何でもいいから、彼と話をしたかったので、思い切って「T君はどうして入院したの?」と尋ねてみたのです。
すると「鬱です。」という答えでした。
プロフィール

みかぽん123

  • Author:みかぽん123
  • welcome to FC2 Blog
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。